小説

「むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。」青柳碧人 『探偵』が活躍するシリーズ第3弾!

青柳碧人さんのミステリー小説「むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。」の感想です。かぐや姫・おむすびころりん・わらしべ長者・さるかに合戦・ぶんぶく茶釜をモチーフとした世界で発生する血なまぐさい殺人事件を探偵が解決していく、昔話本格ミステリー第3弾です。
小説

「エマ」ジェイン・オースティン 厄介だけど愛おしい恋愛を描くイギリス文学の傑作

ジェイン・オースティンの小説「エマ」の感想です。他人の恋に介入しキューピッドを気取っていたヒロインのエマが、知らず知らずに秘めていた自身の恋心に気付くまでの物語です。200年前のイギリスが舞台ですが、現代にも通じる面白さが魅力の恋愛小説です。
小説

「薔薇のなかの蛇」恩田陸 イギリスの館で起きた凄惨な殺人事件の真相とは?『理瀬』シリーズ最新作

恩田陸さんの小説「薔薇のなかの蛇」の感想です。イギリス貴族の館の敷地で惨殺された死体が発見され、続いてさらに凄惨な事件が発生します。館が混乱を極める中、日本から来た不思議な美女・理瀬が暗躍していきます。『理瀬』シリーズ8作目となるゴシックミステリーです。
小説

「琥珀の夏」辻村深月 思い出は美しいままの方が良かったのか?切ない感動作

辻村深月さんの小説「琥珀の夏」の感想です。発見されたあの白骨死体はあの子かもしれない。30年前に出会い、美しい思い出として心にしまったある少女との思い出。その少女との運命が30年越しに交錯し、悲しい過去を浮き彫りにします。辛く切ないものの、未来を信じられる小説でした。
小説

「愚かな薔薇」恩田陸 吸血鬼ファンタジー&SFサスペンスが織りなす少女の成長ストーリー

恩田陸さんの小説「愚かな薔薇」の感想です。何も知らないまま、不思議なキャンプに行くことになった主人公の奈智。彼女はキャンプにより亡くなった母や行方不明の父、そして自分に秘められた力と向き合うことになります。吸血鬼ファンタジーとSFサスペンスが融合した、とても不思議な小説でした。
小説

「仮面病棟」知念実希人 病院で立てこもり事件が発生、犯人の目的と病院の秘密とは?医療サスペンス×ミステリー

知念実希人さんの小説「仮面病棟」の感想です。夜の病院が銃を持ったピエロマスクの犯人に占拠され、主人公は他の医師・看護師らと人質になってしまいます。犯人との攻防の中、主人公は病院に隠された『ある秘密』を知ってしまい・・・。一気読み必至もうなずける、医療サスペンスです。
小説

「オーラの発表会」綿矢りさ 少女の成長を通し、人との違いを愛おしを描く傑作青春・恋愛小説

綿矢りささんの小説「オーラの発表会」の感想です。他人と違う視点から世界を見ている少女・海松子の友情と恋愛模様を描く青春小説です。優しい雰囲気に包まれた、温かい筆致が特徴です。
マンガ

「破壊神マグちゃん 9」ついに最終巻!邪神と少女の不思議な関係性の結末と最高すぎるラストを見届けよう!

上木敬さんのマンガ「破壊神マグちゃん9」の感想です。この9巻でラストとなった「破壊神マグちゃん」。その素晴らしいラストは絶対に読むべきです!邪神と少女の不思議な友情の結末とは?本編に外伝も加えた最終9巻です。
小説

「思い出のマーニー」ジョーン・G・ロビンソン 少女×少女のひと夏の出会いがもたらす奇跡

ジョーン・G・ロビンソンの児童文学「思い出のマーニー」の感想です。スタジオジブリによってアニメ化されたことでも有名なこの「思い出のマーニ-」。1960年代のイギリスを舞台に、孤独な少女同士の出会いがもたらす美しい軌跡を描いています。
小説

「闇祓」辻村深月 人と人との身近な恐怖と、闇を祓う者が対峙するホラー小説

辻村深月さんのホラー小説「闇祓(やみはら)」の感想です。関わった人たちに闇を振りまきどんどん不幸にしていく人たちがいる。そんな現実にも起こりうる身近な恐怖と、その恐怖を祓う少年の姿を描いたホラー小説です。想像以上に怖すぎる傑作でした。
小説

「滅びの前のシャングリラ」凪良ゆう 終末世界で描かれる愛に溢れた物語

凪良ゆうさんの小説「滅びの前のシャングリラ」の感想です。1ヶ月後に人類滅亡が宣言された世界での人間ドラマが描かれます。主人公たちにとっては地獄から新たな地獄に置き換わった世界。そんな終末世界での愛に満ちた人間模様が魅力の1冊です。
小説

「デートクレンジング」柚木麻子 結婚が引き裂こうとする、女の友情の厄介さ

柚木麻子さんの小説「デートクレンジング」の感想です。親友が始めた婚活により、長年の友情が壊れかける。そんな親友関係を必死で食い止めようとする女性の葛藤を描いた小説です。女の友情の面倒臭さが赤裸々に描かれた、痛いほど共感できてしまう話でした。
小説

「きのうの世界」恩田陸 1人の男性の死が町に隠された謎を呼び起こす、恩田陸ワールドのミステリー

恩田陸さんの小説「きのうの世界」の感想です。町に住み着いていたよそ者の男性がある日不審な死を遂げ、町を騒がせます。その死を呼び水に新たな訪問者が現れ、さらに町に隠された大きな謎が明らかとなっていきます。幻想的な恩田陸ワールドで紡がれるミステリーです。
小説

「白鳥とコウモリ」東野圭吾 被告人の息子・被害者の娘が手を組み事件の真相に辿り着く傑作ミステリー

東野圭吾さんの小説「白鳥とコウモリ」の感想です。30数年前の事件の犯人であることを隠すため、新たな殺人を犯したと告白した男性。しかし、事件の関係者たちはその告白に微かな違和感がありました。被告人の息子・被害者の娘のバディによって明らかになる2つの事件の真相とは?
小説

「怪物」東山彰良 現実だと思っていた世界が物語だったら?そんな恐怖と『怪物』を巡る小説

東山彰良さんの小説「怪物」の感想です。台湾空軍に所属していた叔父をモデルにした小説『怪物』が注目されたことで、一躍脚光を浴びた小説家が、徐々に物語の世界に取り込まれていく様子が描かれます。歴史ものの冒険譚としても読み応え抜群の長編です。
小説

「ドミノ」恩田陸 20人超えの登場人物たちが織りなす群像劇はまさにドミノ倒し!続編「ドミノin上海」も

恩田陸さんの小説「ドミノ」「ドミノin上海」の感想です。関係がないはずの登場人物たちが、まるでドミノ倒しのように関係し合い、大団円を迎える。そんなエンターテイメント小説の極みとも言える小説でした。続編も合わせてご紹介します。
小説

「危険なビーナス」東野圭吾 コメディタッチで描かれる『遺産争い×医療』ミステリー

東野圭吾さんの小説「危険なビーナス」の感想・あらすじです。弟が失踪し、弟の婚約者とその行方を捜すことになった獣医師が、遺産争いや過去の事件に巻き込まれていくミステリー小説です。名家の資産争いだけでなく、医療ミステリーとしても楽しめる1冊でした。
小説

「虚ろな十字架」東野圭吾 過去に背負った罪と今の事件のつながりを通して見えた真実とは?

東野圭吾さんの小説「虚ろな十字架」の感想です。離婚した元妻が殺害され、すぐに犯人は逮捕。しかし、犯人の犯行・動機には不可解な点が多々あった。主人公・中原は元妻殺害事件の真相を探るうちに、過去に起きたある『事件』とのつながりを見つけます。悲劇の連鎖の結末とは?
小説

「推し、燃ゆ」宇佐美りん 『推し』を応援し続けたい、その狂気が救いである理由を描く芥川賞受賞作

宇佐美りんさんの小説「推し、燃ゆ」の感想です。推しが炎上し、周囲も変化し続けるものの、自らは同じ場所に留まり続ける。その変わらない狂気に、危うさと救いを求める切実な思いを感じました。2021年芥川賞・本屋大賞9位受賞の話題作。
小説

「黒と茶の幻想」恩田陸 4人の男女が過去の『美しい謎』と向き合う長編ミステリー

恩田陸さんの小説「黒と茶の幻想」の感想です。大学の同窓生で38才の4人の男女が、旅先でそれぞれの過去と向き合い、謎だった出来事の真相を解き明かしていきます。恩田陸さんの文章で雄大な自然の風景を味わえるミステリーとして傑作です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました