宮部みゆき

小説

「さよならの儀式」宮部みゆき 彩り豊かな8短編が収録のSFアンソロジー

宮部みゆきさんのSF短編小説集「さよならの儀式」の感想です。画期的な母親の法律や、謎の侵略者との戦い、タイムスリップにロボット、宇宙人まで、さまざまなジャンルのSF8編が一冊に収録された短編集です。
スポンサーリンク