小川糸

小説

「ライオンのおやつ」小川糸 残されたわずかな時間を輝かせた女性を描く感動作

小川糸さんの小説「ライオンのおやつ」の感想です。33歳で余命宣告された雫が自身の最期の迎える場として選んだのは『ライオンの家』というホスピスでした。『ライオンの家』で出会いとたくさんの別れを繰り返しながら輝いた雫の人生を描きます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました