島本理生

小説

「ファーストラヴ」島本理生 父殺しの娘の話ではない!母と子と『初恋』の物語

島本理生さんの小説「ファーストラヴ」の感想です。美しい女子大学生が起こした父親刺殺事件、その背景にあった家庭の闇とは?娘と母親、そして家族の問題に切り込んだ島本理生さんの直木賞受賞作です。
小説

「夜 は お し ま い」島本理生 どこまでも女性性の苦しみをえぐってくる意欲作

島本理生さんの小説「夜 は お し ま い」の感想です。女性の性の苦しみを容赦なくえぐり見せつけるような小説です。4人の女性がそれぞれ抱える苦しみと、女性たちの苦しみを受け止める神父が指し示す救いとは?
タイトルとURLをコピーしました