米澤穂信

小説

「本と鍵の季節」米澤穂信 男子高校生コンビが謎を解決していく青春ミステリー

米澤穂信さんのミステリー小説「本と鍵の季節」の感想・あらすじです。図書委員である男子高校生2人が謎を解決していく『日常の謎』系ミステリーです。学園ものの爽やかさがある一方、切なくほろ苦い結末にも注目したい1冊でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました