歴史・時代

小説

「エラリー・クイーンの新冒険」エラリー・クイーン 名探偵の推理が冴える短編集2作目

エラリー・クイーンのミステリー小説「エラリー・クイーンの新冒険」の感想です。前作「冒険」に続き、傑作ぞろいの中編1編+短編4編(冒険4・スポーツ4)が収録された短編集です。テキストが異なり飽きない魅力がつまった1冊でした。
小説

「エラリー・クイーンの冒険」エラリー・クイーン 名探偵の推理を堪能できる11短編の新訳版

エラリー・クイーンのミステリー小説「エラリー・クイーンの冒険」の感想です。名探偵エラリー・クイーンが11もの事件を次々と解決していく短編集です。クイーン初心者にも読みやすい短編が、新訳版で登場。サクサク読める古典ミステリーの傑作です。
小説

「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティー 古風な雰囲気漂うミステリーの大傑作

アガサ・クリスティーの小説「そして誰もいなくなった」の感想です。ミステリーの名作にして、クローズドサークルものの金字塔とも言える作品。絶海の孤島で登場人物たちが1人1人童謡に見立て殺されていき、最後に残った人物とは?淡々とした文章で綴られる古風なミステリー小説です。
小説

「ジヴェルニーの食卓」原田マハ 4人の印象派画家を女性の視点から描くアート小説の原点

原田マハさんの小説「ジヴェルニーの食卓」の感想です。印象派の画家として有名なマティス、ドガ、セザンヌ、モネの4巨匠の姿を、そばで支えた女性の視点から描いた作品です。原田マハさんのアート小説の原点とも言える作品でした。
小説

「スタイルズ荘の怪事件」アガサ・クリスティー ポワロ&クリスティーの処女作である名作ミステリー

アガサ・クリスティーの小説「スタイルズ荘の怪事件」の感想です。スタイルズ荘の女主人が毒殺され、名探偵ポワロがその怪事件を解き明かすため捜査に乗り出します。ポワロが初登場した、ミステリーの女王の第一作目です。
小説

【ネタバレあり】アガサ・クリスティー「アクロイド殺害事件」 犯人の正体と論争について

アガサ・クリスティーのミステリー小説「アクロイド殺害事件」の【ネタバレあり】感想です。犯人の名前やあらすじが書いてあるので、未読の方にはオススメできません。
小説

「アクロイド殺害事件」アガサ・クリスティー 傑作と名高いミステリー、賛否あるラストの衝撃

アガサ・クリスティーのミステリー小説「アクロイド殺害事件」の感想です。小さな村で2人の不審死が発生。1人が自殺、もう1人が他殺体で発見され、一番怪しい容疑者は行方不明。そんな難事件に名探偵ポワロが挑みます。衝撃のラストが有名なクリスティー初期の傑作です。
小説

「若草物語」ルイーザ・メイ・オルコット 四姉妹の日常とそれぞれの成長を描く少女小説

ルイーザ・メイ・オルコットの小説「若草物語」の感想です。10代の四姉妹が母親やその周囲の人々との交流を通して成長していく物語です。児童文学の金字塔でもある小説ですが、大人が読んでも楽しめる作品でした。世話しないながらも、どこかほっこりする四姉妹の日常が楽しめます。
小説

「オリエント急行殺人事件」アガサ・クリスティー 驚きの結末が待っている傑作ミステリー

アガサ・クリスティーの小説「オリエント急行殺人事件」の感想です。豪華な寝台特急が雪で停車、そんな中で乗客の1人が刺殺体として発見されます。犯人は誰なのか、また密室となった車内でどのように殺したのか?衝撃の展開に驚きが隠せないミステリーの傑作です。
小説

「ABC殺人事件」アガサ・クリスティー 名探偵ポワロが予告殺人に挑む傑作ミステリー

アガサ・クリスティーのミステリー小説「ABC殺人事件」の感想です。ポワロに届いた挑戦状通り、A・B・Cの順に殺されていく被害者たち。殺人は誰が何の目的で行っているのか?意外な真相にだまされる傑作ミステリーです。
小説

「美しき愚かものたちのタブロー」原田マハ 日本のためアートを守り抜いた人間たちのドラマ

原田マハさんの小説「美しき愚かものたちのタブロー」の感想です。かつて「日本に本格的な美術館を作りたい」と私財を投じてアートコレクションを作り上げた人がいました。そしてそのコレクションを守り抜いた人たちも。史実に基づいた、感動のアート小説です。
小説

「ユニコーン ~ジョルジュ・サンドの遺言~」原田マハ 作家とタピスリーの不思議な縁

原田マハさんの小説「ユニコーン ~ジョルジュ・サンドの遺言~」の感想です。作家ジョルジュ・サンドとタピスリー「貴婦人と一角獣」の不思議な縁を描いた小説です。巻頭には「貴婦人と一角獣」のタピスリーがカラーで掲載され、物語の世界観を深めています。
小説

「火の鳥<大地編>」桜庭一樹 手塚治虫のSF巨編が小説で蘇る!

桜庭一樹さんの小説「火の鳥<大地編>」の感想です。火の鳥を巡る愚かしくも切ない人間模様を描いた「火の鳥」の遺稿が、小説により命を吹き込まれました。桜庭一樹ファン&手塚治虫ファンのちどちらにもオススメしたい小説です。
小説

「デトロイト美術館の奇跡」実話がベースの感動作!市民のアートへの愛が起こした奇跡とは?

原田マハさん作「デトロイト美術館の奇跡」の感想です。舞台はタイトルにもあるアメリカ・デトロイト美術館です。そのデトロイト美術館を巡る実話をもとにした感動エピソードが綴られた1冊です。
タイトルとURLをコピーしました