ミステリー

小説

「エラリー・クイーンの新冒険」エラリー・クイーン 名探偵の推理が冴える短編集2作目

エラリー・クイーンのミステリー小説「エラリー・クイーンの新冒険」の感想です。前作「冒険」に続き、傑作ぞろいの中編1編+短編4編(冒険4・スポーツ4)が収録された短編集です。テキストが異なり飽きない魅力がつまった1冊でした。
小説

「エラリー・クイーンの冒険」エラリー・クイーン 名探偵の推理を堪能できる11短編の新訳版

エラリー・クイーンのミステリー小説「エラリー・クイーンの冒険」の感想です。名探偵エラリー・クイーンが11もの事件を次々と解決していく短編集です。クイーン初心者にも読みやすい短編が、新訳版で登場。サクサク読める古典ミステリーの傑作です。
小説

「雷神」道尾秀介 誤解が重なり複雑になった事件の真実とは?作者渾身の社会派ミステリー

道尾秀介さんの小説「雷神」の感想です。30年前と15年前の事件が重なり合うとき、主人公は辛い真実と向き合うことになります。いくつか誤解と善意、悪意が重なり複雑な様相を映し出す、山中の田舎町が舞台の社会派ミステリーです。
小説

「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」青柳碧人 昔話ミステリー第2弾!舞台は西洋童話たち

青柳碧人さんの小説「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」の感想です。西洋童話の世界で起こる殺人事件に、探偵・赤ずきんちゃんが挑みます。昔話パロディにして本格ミステリーシリーズの第2弾!
小説

「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティー 古風な雰囲気漂うミステリーの大傑作

アガサ・クリスティーの小説「そして誰もいなくなった」の感想です。ミステリーの名作にして、クローズドサークルものの金字塔とも言える作品。絶海の孤島で登場人物たちが1人1人童謡に見立て殺されていき、最後に残った人物とは?淡々とした文章で綴られる古風なミステリー小説です。
小説

「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」相沢沙呼 騙される快感が味わえる圧巻の本格ミステリー

相沢沙呼さんのミステリー小説「medium 霊媒探偵・城塚翡翠」の感想です。美少女霊媒師・城塚翡翠が小説家の香月史郎とともに難事件に挑むミステリーですが、終盤、物語は想像もできない咆哮へと向かいます。この衝撃の結末をあなたは予想できますか?
小説

「ツナグ」辻村深月 死者との再会を願う人たちと『使者(ツナグ)』の成長を描く感動作

辻村深月さんの小説「ツナグ」の感想です。満月の夜に会いたい死者との再会を実現させることができる『使者(ツナグ)』。その不思議な力で会いたい人と再会した人たちと『ツナグ』の少年が成長する姿を描いています。映画化もされた感動作です。
小説

「スタイルズ荘の怪事件」アガサ・クリスティー ポワロ&クリスティーの処女作である名作ミステリー

アガサ・クリスティーの小説「スタイルズ荘の怪事件」の感想です。スタイルズ荘の女主人が毒殺され、名探偵ポワロがその怪事件を解き明かすため捜査に乗り出します。ポワロが初登場した、ミステリーの女王の第一作目です。
小説

「スキマワラシ」恩田陸 超能力や都市伝説を盛り込んだ、日本らしいファンタジックなミステリー

恩田陸さんの小説「スキマワラシ」の感想です。自分の記憶にないのに、他人の記憶には残っている女のきょうだいの謎。さらに、亡くなった両親の記憶を探っていくうちに、どんどん非日常な世界に入り込んでいきます。幻想的でどこか懐かしい雰囲気のミステリー小説です。
小説

【ネタバレあり】アガサ・クリスティー「アクロイド殺害事件」 犯人の正体と論争について

アガサ・クリスティーのミステリー小説「アクロイド殺害事件」の【ネタバレあり】感想です。犯人の名前やあらすじが書いてあるので、未読の方にはオススメできません。
小説

「アクロイド殺害事件」アガサ・クリスティー 傑作と名高いミステリー、賛否あるラストの衝撃

アガサ・クリスティーのミステリー小説「アクロイド殺害事件」の感想です。小さな村で2人の不審死が発生。1人が自殺、もう1人が他殺体で発見され、一番怪しい容疑者は行方不明。そんな難事件に名探偵ポワロが挑みます。衝撃のラストが有名なクリスティー初期の傑作です。
小説

「オリエント急行殺人事件」アガサ・クリスティー 驚きの結末が待っている傑作ミステリー

アガサ・クリスティーの小説「オリエント急行殺人事件」の感想です。豪華な寝台特急が雪で停車、そんな中で乗客の1人が刺殺体として発見されます。犯人は誰なのか、また密室となった車内でどのように殺したのか?衝撃の展開に驚きが隠せないミステリーの傑作です。
小説

「ABC殺人事件」アガサ・クリスティー 名探偵ポワロが予告殺人に挑む傑作ミステリー

アガサ・クリスティーのミステリー小説「ABC殺人事件」の感想です。ポワロに届いた挑戦状通り、A・B・Cの順に殺されていく被害者たち。殺人は誰が何の目的で行っているのか?意外な真相にだまされる傑作ミステリーです。
小説

「ミス・マープルと13の謎」アガサ・クリスティー 『火曜クラブ』から始まる13短編

アガサ・クリスティーの小説「ミス・マープルと13の謎」の感想です。ポワロと並ぶ人気探偵「ミス・マープル」シリーズを初めて読むのにふさわしい短編集です。完結で分かりやすく、100年近く前の小説なのに古くささがないミステリーの傑作です。
小説

「夢幻花」東野圭吾 『黄色いアサガオ』を巡る青春×ミステリー小説

東野圭吾さんの小説「夢幻花」の感想です。大学生・梨乃の周りで不審な死が続き、ひょんなことから知り合った大学院生・蒼太と真相を探るうち『黄色いアサガオ』を巡る宿命に辿り着く・・・。大学生コンビのさわやかさが際立つ、社会派ミステリーです。
小説

「歩道橋シネマ」恩田陸 18の短編が織りなす『恩田陸ワールド』を堪能するならこの1冊

恩田陸さんの小説「歩道橋シネマ」の感想です。18の独立した短編が収録された贅沢な1冊。ホラー・SF多め、不気味ながらも繊細で美しい『恩田陸ワールド』をこれでもかと味わえる、珠玉の短編集でした。巻末にあとがきも収録されています。
小説

「ムゲンのi」知念実希人 医療・ミステリー・ファンタジーが楽しめる贅沢な1冊!

知念実希人さんの小説「ムゲンのi」の感想です。眠り続ける難病の患者たちを救うため、患者、そして自身の過去と向き合う若き女性医師の奮闘を描いた小説です。幻想的な世界観で本格的な医療ミステリーを堪能できるオススメの1冊。2020年本屋大賞ノミネート作品。
小説

「ファーストラヴ」島本理生 父殺しの娘の話ではない!母と子と『初恋』の物語

島本理生さんの小説「ファーストラヴ」の感想です。美しい女子大学生が起こした父親刺殺事件、その背景にあった家庭の闇とは?娘と母親、そして家族の問題に切り込んだ島本理生さんの直木賞受賞作です。
小説

「罪の声」塩田武士 「グリコ森永事件」を新たな解釈で描いた社会派ミステリー

塩田武士さん作「罪の声」の感想です。昭和に起きた大事件「グリコ森永事件」をもとに描かれた社会派ミステリー。事件の真相に「罪の声」の主と新聞記者の2人が迫ります。事件で奪われた未来と、明かされた真相の末に待っていた希望とは?
小説

「騙し絵の牙」斜陽の出版業界を巡る社会派ミステリー、原作モデル・大泉洋が主演の映画も公開

塩田武士さん作「騙し絵の牙」の感想です。3月26日(金)に大泉羊さん主演の実写映画が公開されることで話題の同作。出版業界に生きる男が隠し持っていた牙とは?読むと本が買いたくなる1冊です。
タイトルとURLをコピーしました