イーディス・ウォートン

小説

「幽霊」イーディス・ウォートン 『ゴースト』にまつわる7短編が収録されたホラー小説

イーディス・ウォートンのホラー小説「幽霊」の感想です。1900年代前半のヨーロッパ・アメリカが舞台の7つの幽霊にまつわる短編が掲載されています。当時の閉鎖的な貴族の描写など、淡々とした筆致でジワジワと恐怖を感じられるホラーでした。
タイトルとURLをコピーしました