恋愛

小説

「よるのふくらみ」窪美澄 幼なじみの兄弟との三角関係の行方とは?3人の視点で描かれる、どこか爽やかな恋愛小説

窪美澄さんの恋愛小説「よるのふくらみ」の感想です。同じ商店街で一緒に生まれ育った女性と兄弟による三角関係を描いた恋愛小説です。兄と交際し同棲しながら、弟にも思われる。ある夜をきっかけに3人の関係が歪んでいきます。
小説

「夜に星を放つ」窪美澄 星・星座を中心に据えた5編が収録された短編小説【直木賞】

窪美澄さんの小説「夜に星を放つ」の感想です。大切な人を失った・失ってしまう人たちを描いた5つの短編が収録された小説です。本作で直木賞を受賞。星や星座がテーマである、静かで繊細な物語でした。
小説

「やめるときも、すこやかなるときも」窪美澄 なぜ結婚するのか、と問われるような恋愛小説

窪美澄さんの小説「やめるときも、すこやかなるときも」の感想です。過去に囚われ続ける家具職人と、恋愛が上手くできない会社員。2人が出会い、惹かれながら、互いの結婚への障壁に立ち向かっていきます。どことなく優しい雰囲気の、読んでいて救われる小説です。
小説

「自転しながら公転する」山本文緒 恋愛をしている、けど恋愛だけに集中できない。そんな悩みの行き着く先とは?

山本文緒さんの恋愛小説「自転しながら公転する」の感想です。山本文緒さんにとって最後の長編小説となった、この「自転しながら公転する」。仕事と家庭の悩みに翻弄されつつも、恋人とも一緒にいたい。そんなままならない日常を描いた恋愛小説の傑作です。
小説

「恋愛中毒」山本文緒 どうしてそこまで囚われてしまうのか。恋愛の毒に染まっている、至高の恋愛小説

山本文緒さんの小説「恋愛中毒」の感想です。妻ある男性との恋愛に溺れていく女性を描いた恋愛小説ですが、ただ『不倫がテーマの恋愛小説』というには惜しい、爽やかな毒を浴びられる恋愛小説です。
小説

「ばにらさま」山本文緒 二度読み必至、喪失と爽快が味わえる短編集

山本文緒さんの小説「ばにらさま」の感想です。恋愛や人間関係を描く短編が6つ収録された短編集です。切なさで苦しくなる、読んでいるとそんな喪失感が味わえます。思わず二度読みしてしまう、驚きの仕掛けも魅力の小説でした。
小説

「プラナリア」山本文緒 『働かない』ことと、どこか歪んだ恋愛模様を描く短編集 直木賞受賞作

山本文緒さんの小説「プラナリア」の感想です。何もかも、生きてることも面倒くさくて仕事を辞めた。表題作『プラナリア』のような<働かないこと>をテーマに、恋愛模様を交えて描かれた短編小説です。2000年、第124回直木賞受賞作でもあります。
小説

「星のように離れて雨のように散った」島本理生 2020年の夏と『銀河鉄道の夜』

島本理生さんの小説「星のように離れて雨のように散った」の感想です。論文に悩む大学院生が過去の記憶と現在の問題に向き合っていく姿を描いた小説です。世の中が大きく変わった2020年の夏が舞台。『銀河鉄道の夜』が中心に据えられ手います。
小説

「2020年の恋人たち」島本理生 2018年の東京で繰り広げられる恋愛小説

島本理生さんの恋愛小説「2020年の恋人たち」の感想です。亡き母のワインバーを引き継ぐこととなった主人公・葵が出会う多様な男性たち。その恋愛模様が描かれます。2018年の東京を舞台に、まだコロナ禍を知らない世界に戻れる小説でした。
小説

「禁猟区」石田衣良 年下男性との甘過ぎる不倫の恋、その初まりから終わりまでを描く恋愛小説

石田衣良さんの小説「禁猟区」の感想です。夫と娘を持つ女性が10才年下の若い舞台俳優と恋に落ち、不倫に溺れていく姿を描いた恋愛小説です。出会いから恋に落ち、愛を深めていく2人。しかし、不倫の恋の重すぎる代償を支払うことになります。不倫の純愛を描く小説です。
小説

「エマ」ジェイン・オースティン 厄介だけど愛おしい恋愛を描くイギリス文学の傑作

ジェイン・オースティンの小説「エマ」の感想です。他人の恋に介入しキューピッドを気取っていたヒロインのエマが、知らず知らずに秘めていた自身の恋心に気付くまでの物語です。200年前のイギリスが舞台ですが、現代にも通じる面白さが魅力の恋愛小説です。
小説

「オーラの発表会」綿矢りさ 少女の成長を通し、人との違いを愛おしを描く傑作青春・恋愛小説

綿矢りささんの小説「オーラの発表会」の感想です。他人と違う視点から世界を見ている少女・海松子の友情と恋愛模様を描く青春小説です。優しい雰囲気に包まれた、温かい筆致が特徴です。
小説

「デートクレンジング」柚木麻子 結婚が引き裂こうとする、女の友情の厄介さ

柚木麻子さんの小説「デートクレンジング」の感想です。親友が始めた婚活により、長年の友情が壊れかける。そんな親友関係を必死で食い止めようとする女性の葛藤を描いた小説です。女の友情の面倒臭さが赤裸々に描かれた、痛いほど共感できてしまう話でした。
小説

「ブルースRed」桜木紫乃 父への贖罪のため、裏社会で暗躍する女性の人生を描いた連作短編集

桜木紫乃さんの小説「ブルースRed」の感想です。前作「ブルース」の10年後から始まる物語、主人公は影山博人の娘・莉菜。亡き父の後を継ぎ裏社会で暗躍する莉菜の壮絶な人生を描いています。最後に莉菜が選んだ人生の幕引きとは?
小説

「ブルース」桜木紫乃 1人の男の人生を8人の女性の視点から描く、圧巻のノワール小説

桜木紫乃さんの小説「ブルース」の感想です。影山博人という男性を、影山博人に魅了された女性たちの視点から描く恋愛、そしてノワール小説です。あまりにも蠱惑的な影山博人の魅力に取り込まれてみませんか?
小説

「スイート・ホーム」原田マハ 宝塚山手台と洋菓子店が舞台!心温まるホームドラマ

原田マハさんの小説「スイート・ホーム」の感想です。美しいニュータウンにある小さな洋菓子店を中心に、家族の愛や恋を優しく描いた小説です。ケーキのように甘く、ひたすら幸せな展開に浸れるハートウォーミングな展開に癒やされましょう。
小説

「伊藤くんAtoE」柚木麻子 『伊藤くん』と5人の女性たちの恋愛と友情の物語

柚木麻子さんの小説「伊藤くんAtoE」の感想です。イケメンだけどとにかくクズな『伊藤くん』と、そんな伊藤くんに恋をする女性たち。また、伊藤くんにつきまとわれたり、もてあそんだりする女性も。そんな伊藤くんと女性たちの苦い恋愛模様と女性同士の友情を描いた痛快な小説です。
小説

「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ 記憶が紡いでいく残酷な『使命』と恋愛模様

カズオ・イシグロさんの小説「わたしを離さないで」の感想です。ある『使命』を持って生まれた子どもたち。成長につれ自分を取り巻く世界の仕組みを知った彼らがもがきながらも生き抜く姿が描かれた衝撃作です。SFでもあり恋愛でもある人間ドラマが堪能できます。
小説

「さらさら流る」柚木麻子 1枚の画像で引き起こる悪夢、そして再生の物語

柚木麻子さんの小説「さらさら流る」の感想です。18歳と28歳、2つの時間がたった1枚の画像をきっかけに交錯していくさまを鮮烈に描いています。被害者が自らの体を取り戻し、加害者が再生する。過酷な日々の先に待っているラストとは?
小説

「ストーリー・セラー」有川浩 不治の病に抗う夫・妻、夫婦の戦いを描く感動作

有川浩さんの小説「ストーリー・セラー」の感想です。不治の病で考えるほどに寿命が削られる妻。また、夫が不治の病になった小説家の妻は、逆夢で不幸を覆そうとするのですが・・・。夫婦の物語を真逆の立場から2通り描く、衝撃の感動作です。
スポンサーリンク