イアン・マキューアン

小説

「アムステルダム」イアン・マキューアン 奇妙な三角関係の末に起こる悲劇とは

イアン・マキューアンの小説「アムステルダム」の感想です。1人の女性が亡くなり、女性の3人の元恋人たちが葬儀に参列。その後、ある写真がきっかけとなり、坂道を転がり落ちるような運命が3人を待ち受けていました。98年度ブッカー賞受賞作です。
小説

「贖罪」イアン・マキューアン 13歳の少女が犯した罪とそのつぐないの物語

イアン・マキューアン作「贖罪」の感想です。13歳の少女が引き起こした悲劇と、その悲劇によって引き裂かれた恋人の悲恋を描くイギリス小説です。多感すぎる少女の暴力的な正義に戦慄する、圧倒的な人間ドラマでした。
タイトルとURLをコピーしました