アガサ・クリスティー

小説

「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティー 古風な雰囲気漂うミステリーの大傑作

アガサ・クリスティーの小説「そして誰もいなくなった」の感想です。ミステリーの名作にして、クローズドサークルものの金字塔とも言える作品。絶海の孤島で登場人物たちが1人1人童謡に見立て殺されていき、最後に残った人物とは?淡々とした文章で綴られる古風なミステリー小説です。
小説

「スタイルズ荘の怪事件」アガサ・クリスティー ポワロ&クリスティーの処女作である名作ミステリー

アガサ・クリスティーの小説「スタイルズ荘の怪事件」の感想です。スタイルズ荘の女主人が毒殺され、名探偵ポワロがその怪事件を解き明かすため捜査に乗り出します。ポワロが初登場した、ミステリーの女王の第一作目です。
小説

【ネタバレあり】アガサ・クリスティー「アクロイド殺害事件」 犯人の正体と論争について

アガサ・クリスティーのミステリー小説「アクロイド殺害事件」の【ネタバレあり】感想です。犯人の名前やあらすじが書いてあるので、未読の方にはオススメできません。
小説

「アクロイド殺害事件」アガサ・クリスティー 傑作と名高いミステリー、賛否あるラストの衝撃

アガサ・クリスティーのミステリー小説「アクロイド殺害事件」の感想です。小さな村で2人の不審死が発生。1人が自殺、もう1人が他殺体で発見され、一番怪しい容疑者は行方不明。そんな難事件に名探偵ポワロが挑みます。衝撃のラストが有名なクリスティー初期の傑作です。
小説

「オリエント急行殺人事件」アガサ・クリスティー 驚きの結末が待っている傑作ミステリー

アガサ・クリスティーの小説「オリエント急行殺人事件」の感想です。豪華な寝台特急が雪で停車、そんな中で乗客の1人が刺殺体として発見されます。犯人は誰なのか、また密室となった車内でどのように殺したのか?衝撃の展開に驚きが隠せないミステリーの傑作です。
小説

「ABC殺人事件」アガサ・クリスティー 名探偵ポワロが予告殺人に挑む傑作ミステリー

アガサ・クリスティーのミステリー小説「ABC殺人事件」の感想です。ポワロに届いた挑戦状通り、A・B・Cの順に殺されていく被害者たち。殺人は誰が何の目的で行っているのか?意外な真相にだまされる傑作ミステリーです。
小説

「ミス・マープルと13の謎」アガサ・クリスティー 『火曜クラブ』から始まる13短編

アガサ・クリスティーの小説「ミス・マープルと13の謎」の感想です。ポワロと並ぶ人気探偵「ミス・マープル」シリーズを初めて読むのにふさわしい短編集です。完結で分かりやすく、100年近く前の小説なのに古くささがないミステリーの傑作です。
小説

「ハーリー・クィンの事件簿」アガサ・クリスティー入門にもおすすめ!初期の短編集

アガサ・クリスティー作「ハーリー・クィンの事件簿」の感想です。イギリスが生んだミステリーの女王、アガサ・クリスティーが手がけた探偵もので最もミステリアスなハーリー・クィンが主人公の短編集です。
タイトルとURLをコピーしました