人間ドラマ

小説

「嫌いなら呼ぶなよ」綿矢りさ ライトに人の闇を描き出す、ポップな毒々しさ満載の短編集

綿矢りささんの小説「嫌いなら呼ぶなよ」の感想です。闇を抱えた人しか出てこないのに、軽快でポップで読みやすい。明るく人間の毒々しさを描き出す短編集です。
小説

「総理の夫」原田マハ ファースト・ジェントルマンの奮闘と夫婦愛

原田マハさんの小説「総理の夫」の感想です。日本初となる女性総理大臣の誕生、同時に誕生した日本初の『総理の夫』の視点から、政治・夫婦愛を描いた大作です。戦う妻と、妻を支える夫の共闘は必見!2021年に映画化された話題作。
小説

「星のように離れて雨のように散った」島本理生 2020年の夏と『銀河鉄道の夜』

島本理生さんの小説「星のように離れて雨のように散った」の感想です。論文に悩む大学院生が過去の記憶と現在の問題に向き合っていく姿を描いた小説です。世の中が大きく変わった2020年の夏が舞台。『銀河鉄道の夜』が中心に据えられ手います。
小説

「素敵な日本人」東野圭吾 毛色が違う9つのミステリーが収録された短編集

東野圭吾さんのミステリー短編集「素敵な日本人」の感想です。お正月にバレンタイン、雛祭りにクリスマスなど、季節の 行事にまつわるミステリー4編と、やや特殊な設定を含むミステリー5編が収録された9つの短編が一冊で楽しめます。
小説

「レジェンドアニメ!」辻村深月 「ハケンアニメ!」のスピンオフ短編集

辻村深月さんの小説「レジェンドアニメ!」の感想です。前作「ハケンアニメ!」から8年弱、待望の続編がスピンオフとして登場しました!おなじみの登場人物のその後や裏側、書き下ろしも収録された読み応え抜群の一冊です。
小説

「ハケンアニメ!」辻村深月 アニメの『覇権』を目指す女性たちの戦いを描いた痛快お仕事小説

辻村深月さんの小説「ハケンアニメ!」の感想です。映画化もされた大人気作。アニメーション業界をプロデューサー・監督・アニメーターという三者の視点から、それぞれ描いたお仕事小説です。好きなものを仕事にすることの誇りと苦労がしっかり描かれています。
小説

「2020年の恋人たち」島本理生 2018年の東京で繰り広げられる恋愛小説

島本理生さんの恋愛小説「2020年の恋人たち」の感想です。亡き母のワインバーを引き継ぐこととなった主人公・葵が出会う多様な男性たち。その恋愛模様が描かれます。2018年の東京を舞台に、まだコロナ禍を知らない世界に戻れる小説でした。
小説

「丘の上の賢人 旅屋おかえり」原田マハ 「旅屋おかえり」未収録エピソードと作者エッセイ・書き下ろしマンガが収録

原田マハさんの小説「丘の上の賢人 旅屋おかえり」の感想です。おかえりが旅屋として2番目に受けた依頼のエピソードが収録された本作。さらに、作者・原田マハさんのエッセイや、おかえり高校時代の書き下ろしマンガも楽しめる大満足の1冊です。
小説

「旅屋おかえり」原田マハ 『旅屋』を始めたタレント・おかえりの心温まるロードムービー的小説

原田マハさんの小説「旅屋おかえり」の感想です。旅の代行『旅屋』という仕事を始めた崖っぷちタレント・丘えりか、通称おかえり。そんなおかえりの奮闘を、優しくも小気味よいコメディたちで描く感動作です。
小説

「禁猟区」石田衣良 年下男性との甘過ぎる不倫の恋、その初まりから終わりまでを描く恋愛小説

石田衣良さんの小説「禁猟区」の感想です。夫と娘を持つ女性が10才年下の若い舞台俳優と恋に落ち、不倫に溺れていく姿を描いた恋愛小説です。出会いから恋に落ち、愛を深めていく2人。しかし、不倫の恋の重すぎる代償を支払うことになります。不倫の純愛を描く小説です。
小説

「エマ」ジェイン・オースティン 厄介だけど愛おしい恋愛を描くイギリス文学の傑作

ジェイン・オースティンの小説「エマ」の感想です。他人の恋に介入しキューピッドを気取っていたヒロインのエマが、知らず知らずに秘めていた自身の恋心に気付くまでの物語です。200年前のイギリスが舞台ですが、現代にも通じる面白さが魅力の恋愛小説です。
小説

「琥珀の夏」辻村深月 思い出は美しいままの方が良かったのか?切ない感動作

辻村深月さんの小説「琥珀の夏」の感想です。発見されたあの白骨死体はあの子かもしれない。30年前に出会い、美しい思い出として心にしまったある少女との思い出。その少女との運命が30年越しに交錯し、悲しい過去を浮き彫りにします。辛く切ないものの、未来を信じられる小説でした。
小説

「オーラの発表会」綿矢りさ 少女の成長を通し、人との違いを愛おしを描く傑作青春・恋愛小説

綿矢りささんの小説「オーラの発表会」の感想です。他人と違う視点から世界を見ている少女・海松子の友情と恋愛模様を描く青春小説です。優しい雰囲気に包まれた、温かい筆致が特徴です。
小説

「滅びの前のシャングリラ」凪良ゆう 終末世界で描かれる愛に溢れた物語

凪良ゆうさんの小説「滅びの前のシャングリラ」の感想です。1ヶ月後に人類滅亡が宣言された世界での人間ドラマが描かれます。主人公たちにとっては地獄から新たな地獄に置き換わった世界。そんな終末世界での愛に満ちた人間模様が魅力の1冊です。
小説

「デートクレンジング」柚木麻子 結婚が引き裂こうとする、女の友情の厄介さ

柚木麻子さんの小説「デートクレンジング」の感想です。親友が始めた婚活により、長年の友情が壊れかける。そんな親友関係を必死で食い止めようとする女性の葛藤を描いた小説です。女の友情の面倒臭さが赤裸々に描かれた、痛いほど共感できてしまう話でした。
小説

「きのうの世界」恩田陸 1人の男性の死が町に隠された謎を呼び起こす、恩田陸ワールドのミステリー

恩田陸さんの小説「きのうの世界」の感想です。町に住み着いていたよそ者の男性がある日不審な死を遂げ、町を騒がせます。その死を呼び水に新たな訪問者が現れ、さらに町に隠された大きな謎が明らかとなっていきます。幻想的な恩田陸ワールドで紡がれるミステリーです。
小説

「白鳥とコウモリ」東野圭吾 被告人の息子・被害者の娘が手を組み事件の真相に辿り着く傑作ミステリー

東野圭吾さんの小説「白鳥とコウモリ」の感想です。30数年前の事件の犯人であることを隠すため、新たな殺人を犯したと告白した男性。しかし、事件の関係者たちはその告白に微かな違和感がありました。被告人の息子・被害者の娘のバディによって明らかになる2つの事件の真相とは?
小説

「怪物」東山彰良 現実だと思っていた世界が物語だったら?そんな恐怖と『怪物』を巡る小説

東山彰良さんの小説「怪物」の感想です。台湾空軍に所属していた叔父をモデルにした小説『怪物』が注目されたことで、一躍脚光を浴びた小説家が、徐々に物語の世界に取り込まれていく様子が描かれます。歴史ものの冒険譚としても読み応え抜群の長編です。
小説

「虚ろな十字架」東野圭吾 過去に背負った罪と今の事件のつながりを通して見えた真実とは?

東野圭吾さんの小説「虚ろな十字架」の感想です。離婚した元妻が殺害され、すぐに犯人は逮捕。しかし、犯人の犯行・動機には不可解な点が多々あった。主人公・中原は元妻殺害事件の真相を探るうちに、過去に起きたある『事件』とのつながりを見つけます。悲劇の連鎖の結末とは?
小説

「黒と茶の幻想」恩田陸 4人の男女が過去の『美しい謎』と向き合う長編ミステリー

恩田陸さんの小説「黒と茶の幻想」の感想です。大学の同窓生で38才の4人の男女が、旅先でそれぞれの過去と向き合い、謎だった出来事の真相を解き明かしていきます。恩田陸さんの文章で雄大な自然の風景を味わえるミステリーとして傑作です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました