綿矢りさ

小説

「嫌いなら呼ぶなよ」綿矢りさ ライトに人の闇を描き出す、ポップな毒々しさ満載の短編集

綿矢りささんの小説「嫌いなら呼ぶなよ」の感想です。闇を抱えた人しか出てこないのに、軽快でポップで読みやすい。明るく人間の毒々しさを描き出す短編集です。
小説

「オーラの発表会」綿矢りさ 少女の成長を通し、人との違いを愛おしを描く傑作青春・恋愛小説

綿矢りささんの小説「オーラの発表会」の感想です。他人と違う視点から世界を見ている少女・海松子の友情と恋愛模様を描く青春小説です。優しい雰囲気に包まれた、温かい筆致が特徴です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました