「闇祓」辻村深月 人と人との身近な恐怖と、闇を祓う者が対峙するホラー小説

竹 闇祓イメージ 小説
PexelsによるPixabayからの画像

辻村深月さんのホラー小説「闇祓」の感想です。

わたしたちの誰もが遭遇しかねない、対人関係の身近な恐怖を描いたホラー小説です。

ゾッとするような恐怖、ジワジワと這い上がってくる恐怖、1冊で色々な恐怖が味わえる大満足の小説でした。

「闇祓」基本情報
  • 作者:辻村深月
  • 対象:中学生~
    • エログロ描写なし
    • 全体的に精神は抉られる
  • 2021年10月にKADOKAWAより刊行
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「闇祓」について

「闇祓(やみはら)」は辻村深月さんの小説です。

表紙がマンガチックな少年のイラストだったので、10代向けの学園ものと思って読み始めたこの「闇祓」。

確かに最初は『ホラー要素がある学園サスペンス』のような雰囲気でした。

しかし、実際はガッチガチのホラーでした。

想像以上にホラーです。

そんな「闇祓」のあらすじを掲載します。

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」
クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。
しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。
唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。
ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。

身近にある名前を持たない悪意が増殖し、迫ってくる。一気読みエンタテインメント!

闇祓―Amazon.co.jp

ホラーと言っても、細かく分ければいろいろあります。

しかし、大まかに

  • オバケ・怪奇現象など『超常現象』が発生するホラー
  • サイコキラーなど『人間』が引き起こすホラー

の2つに分類されるのではと思います。

この「闇祓」は後者、『人間』が引き起こすホラーです。

※ただ、一部で超常現象が起こるシーンもあります。

人間が引き起こすホラーの魅力?は現実のわたしたち自身にも起こりうる身近な恐怖を描いているところでしょうか。

そういった観点では、この「闇祓」ほど『身近な恐怖』を描いているホラーはないと思います。

正直に、とても怖かったです。

小説を読んで恐怖でゾワゾワし続けたのは久々でした。

また「闇祓」はホラーだけでなく、至る所に伏線が散りばめられたミステリー要素もあります。

読了して、最初から隅々までに伏線を張り巡らせていたのか!と興奮しました。

花緒
花緒

『人間怖い』系のホラーが好きな方はもちろん、ホラーOKでミステリー好きな方にもオススメ沿いたい小説です。

タイトル「闇祓」とは

タイトル「闇祓」は『ヤミハラ』と読みます。

この「闇祓」の正体については、物語の最後まで一応ふせられています。

しかし、同じ読み方の「闇ハラ」については、「闇ハラスメントの略」と小説が始まる前に説明があります。

本作の特設サイトに掲載されていたので、引用します。

ヤミ-ハラ【闇ハラ】闇ハラスメントの略。

ヤミ-ハラスメント【闇ハラスメント】精神・心が闇の状態にあることから生ずる、自分の事情や思いなどを一方的に相手に押しつけ、不快にさせる言動・行為。本人が意図する、しないにかかわらず、相手が不快に思い、自身の尊厳を傷つけられたり、脅威を感じた場合はこれにあたる。やみハラスメント。闇ハラ。ヤミハラ。

辻村深月『闇祓(やみはら)特設サイト』

要約すると『自分の闇を相手に押しつけ、不快にさせるハラスメント』とのこと。

この「闇ハラ」という言葉は辻村深月さんの造語ですが、名前がなかっただけでわたしたちの身近にあるハラスメントの1つではないかと思います。

【ネタバレなし】「闇祓」あらすじ・感想

「闇祓」のネタバレなしあらすじ・感想です。

ネタバレありの感想は後半に書いています。

『学園ミステリー』だと思っていたら・・・

「闇祓」は第一章~最終章(五章)+エピローグにて構成されています。

そのうち第一章は高校生の女の子・澪が主人公。

クラス委員で真面目な性格の澪は、クラスに転校してきた男子・白石要(しらいしかなめ)からやや常軌を逸した接触を受けるように。

そんな白石に対する悩みを、ふとしたきっかけで元々好意を寄せていた部活の先輩・神原に相談。

この相談がきっかけで、思いがけず澪は神原と急接近することになります。

ここまで読むと『ストーカー気質のクラスメイトから守ってくれる王子様のような先輩』という甘い構図ができあがります。

けれども、この話が怖くなるのはここから。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、あの活字の羅列はいくらフィクションだと分かっていても神経が削られました。

すべてつながっている「連作」短編集

第一章が終わると、第二章では一章とは全然つながりがない土地・人物の話が始まります。

第一章のラストの内容が内容だったので、前の章と全然違う話が展開されていき戸惑いました。

また、第三章・第四章も同様に前の章と違う話が展開されます。

1つ1つ独立している話。

しかし、その戸惑いはすべて最終章で解消します。

第一章から四章まではしっかり1つの作品としてつながっています。

そのすべての解決編となるのが最終章でした。


書きたいことが山ほどありますが、ネタバレになるので後半↓に書きます。

ここまでネタバレなし「闇祓」の感想でした。

ここからは「闇祓」のネタバレ満載の感想です。未読の方はご注意ください。

【ネタバレあり】「闇祓」感想

「闇祓」のネタバレあり感想です。

ちなみに、このページの画像(サムネイル)は魔除けです。

感想1

感想1は白石要の正体です。

ヤバいストーカーでしかなかった初登場の白石要。

これに関しては「もっと対人関係を学んでくれ・・・」と思いましたが、要の壮絶な過去を知ると「まあ、仕方ないかもしれない」とも思えます。

白石要の正体はこの「闇祓」の主人公。

闇ハラや闇ハラ家族を倒す存在である闇祓として、因縁の神原家を追う正義の味方でした。

かつて闇ハラにより家族を奪われ被害者となった少年が、闇祓となり家族の敵を討つ。

よくある少年マンガのような設定ですが、マンガ好きなわたしにとっては最高でした。

感想2

感想2は怖すぎる『神原家』についてです。

闇ハラスメントにより関わってしまった周囲の人たちを不幸にしていく『闇ハラ家族』である神原家。

家族、とされていますが、神原家は全員に血のつながりがありません。

また、神原家を構成するのは、かつての神原家の被害者。

前任者が使い物にならなくなると、新たな家族を被害者で補充する。

神原家の振る舞いも怖すぎでしたが、そのシステムそのものが何より怖かったです。

一番怖いのは、この設定を突拍子もないことだと笑い飛ばせないことだと思います。

ちょっと現実にあり得なくもない、そう思ってしまったのが怖かったです。

「闇祓」の最後にも書かれていますが『闇ハラはおそらく誰の近くにも存在しています』。

この最後の一文も含めて「闇祓」はホラー小説として怖かったです。

タイトルとURLをコピーしました