小説

「やめるときも、すこやかなるときも」窪美澄 なぜ結婚するのか、と問われるような恋愛小説

窪美澄さんの小説「やめるときも、すこやかなるときも」の感想です。過去に囚われ続ける家具職人と、恋愛が上手くできない会社員。2人が出会い、惹かれながら、互いの結婚への障壁に立ち向かっていきます。どことなく優しい雰囲気の、読んでいて救われる小説です。
小説

「ガリバー旅行記」ジョナサン・スウィフト 童話ではない!風刺小説として面白すぎる傑作の新訳版

ジョナサン・スウィフトの小説「ガリバー旅行記」の感想です。船旅の中、小人だらけの国へ迷い込んでしまうという展開が有名な「ガリバー旅行記」の新訳です。小人の国よりももっと風変わりで、大変な目に遭っていくガリバーの奮闘記が描かれます。
小説

「ミカエルの鼓動」柚月裕子 手術支援ロボット『ミカエル』は命を救う天使なのか?天才医師2人の対立と正義を描く医療小説

柚月裕子さんの医療小説「ミカエルの鼓動」の感想です。手術支援ロボット『ミカエル』の第一人者である主人公・西條と、その前に現れた天才外科医の真木。1人の少年の心臓手術を巡り2人は対立。西條は自らの信念を貫くことができるのか?医療と人間ドラマが堪能できる傑作です。
小説

「自転しながら公転する」山本文緒 恋愛をしている、けど恋愛だけに集中できない。そんな悩みの行き着く先とは?

山本文緒さんの恋愛小説「自転しながら公転する」の感想です。山本文緒さんにとって最後の長編小説となった、この「自転しながら公転する」。仕事と家庭の悩みに翻弄されつつも、恋人とも一緒にいたい。そんなままならない日常を描いた恋愛小説の傑作です。
小説

「赤ずきん、ピノキオ拾って死体と出会う。」青柳碧人 探偵・赤ずきん第2弾『ピノキオ』の助手とともに難事件に立ち向かう!

青柳碧人さんの小説「赤ずきん、ピノキオ拾って死体と出会う。」の感想です。探偵・赤ずきんシリーズの2作目、今回はピノキオを助手に迎え、またしてもおとぎ話の世界で謎解きに挑みます。前編に散りばめられた伏線の回収はやはり圧巻です。
小説

「黒牢城」米澤穂信 籠城の中起きた難事件、解決を導く軍師の意図とは?有岡城の戦いを元にした新感覚時代ミステリー

米澤穂信さんのミステリー小説「黒牢城」の感想です。直木賞受賞作にして、同年の数々のミステリーランキングを獲得した話題作です。有岡城の戦いを元に、城主・荒木村重のあらゆる戦いと、幽閉された黒田官兵衛の『探偵』としての活躍を描いています。
小説

「恋愛中毒」山本文緒 どうしてそこまで囚われてしまうのか。恋愛の毒に染まっている、至高の恋愛小説

山本文緒さんの小説「恋愛中毒」の感想です。妻ある男性との恋愛に溺れていく女性を描いた恋愛小説ですが、ただ『不倫がテーマの恋愛小説』というには惜しい、爽やかな毒を浴びられる恋愛小説です。
小説

「invert 城塚翡翠倒叙集」相沢沙呼 「medium」の続編、犯人視点で描かれる倒叙型ミステリー集

相沢沙呼さんのミステリー小説「invert 城塚翡翠倒叙集」の感想です。犯人視点から描かれる倒叙型ミステリー中編が3作収録。探偵・城塚翡翠はいかにして推理を導き出したのか?探偵の推理を推理する、本格的なミステリー小説です。
小説

「ティンカー・ベル殺し」小林泰三 ネヴァーランドで殺人が起こる!<メルヘン殺し>シリーズ4作目・完結

小林泰三さんのミステリー小説「ティンカー・ベル殺し」の感想です。ピーター・パンが迷子たちと暮らすネヴァーランドにやってきたビル。同じ頃、井森は同窓会のため帰郷。そして、やはりリンクした殺人が発生してしまいます。シリーズ4作目にして無念の完結編です。
小説

「ドロシイ殺し」小林泰三 シリーズ3作目は『オズの魔法使い』世界での密室殺人!

小林泰三さんのミステリー小説「ドロシイ殺し」の感想です。アリス・クララに次ぐ<メルヘン殺し>シリーズ3作目は『オズの魔法使い』が舞台。蜥蜴のビルが迷い込んだオズの国で密室殺人事件に巻き込まれます。ビル=井森の命運はいかに!?
小説

「クララ殺し」小林泰三 メルヘン殺しシリーズ2作目、くららとクララを巡る予告殺人の行方とは?

小林泰三さんのミステリー小説「クララ殺し」の感想です。おとぎ話の世界観で凄惨な殺人事件が繰り広げられる、メルヘン殺しシリーズ2作目。ホフマン宇宙を舞台に、蜥蜴のビル=井森建がくらら・クララの殺人事件に巻き込まれます。
小説

「火喰鳥を、喰う」原浩 平和で幸せな世界が侵される怖さ!衝撃的すぎるデビュー作

原浩さんのホラー小説「火喰鳥を、喰う」の感想です。墓石から名前が削り取られ、戦死した大伯父の日記が返ってくる。そんな出来事がきっかけに、主人公の平穏な世界が浸されていく恐怖が描かれています。結末まで読むと、また違った怖さが表れるしかけにも注目です。
小説

「シャイニング」スティーブン・キング 閉ざされたホテルで起こる凶行の一部始終、海外ホラーの傑作【新装版】

スティーブン・キングのホラー小説「シャイニング」の感想です。海外ホラーの中でも特に有名であろう傑作は読みやすい新装版で登場しています。雪で外界と閉ざされたホテルで起こる凶行を描いていたスリラーです。映画との違いもまとめました。
小説

「アリス殺し」小林泰三 夢と現実のリンクによって死が迫る!伏線に騙され続ける不思議な本格ミステリー小説

小林泰三さんの小説「アリス殺し」の感想です。毎夜、不思議の国の夢を見る女子大生。夢の住人と現実の身近な死のリンクに気付いた彼女は、自分の身を守るため事件の解決に挑みます。連続殺人犯は誰なのか?伏線と意外な真相に衝撃を受ける異質な本格ミステリーです 。
小説

「ばにらさま」山本文緒 二度読み必至、喪失と爽快が味わえる短編集

山本文緒さんの小説「ばにらさま」の感想です。恋愛や人間関係を描く短編が6つ収録された短編集です。切なさで苦しくなる、読んでいるとそんな喪失感が味わえます。思わず二度読みしてしまう、驚きの仕掛けも魅力の小説でした。
小説

「さよならの儀式」宮部みゆき 彩り豊かな8短編が収録のSFアンソロジー

宮部みゆきさんのSF短編小説集「さよならの儀式」の感想です。画期的な母親の法律や、謎の侵略者との戦い、タイムスリップにロボット、宇宙人まで、さまざまなジャンルのSF8編が一冊に収録された短編集です。
小説

「魔力の胎動」東野圭吾 不思議な力で苦しみから解放する少女を描くミステリー 「ラプラスの魔女」前日譚

東野圭吾さんのミステリー小説「魔力の胎動」の感想です。スキージャンプや野球の選手、事故で大切な存在を失った人たちを、鍼灸師のナユタと不思議な能力を持つ円華が救う、心温まるミステリーです。前作「ラプラスの魔女」の前日譚として、繋がる演出も!
小説

「美しき凶器」東野圭吾 罪を犯した悪人たちを美しい悪が追い詰める!初期のサスペンス小説・新装版

東野圭吾さんのサスペンス小説「美しき凶器」の感想です。隠したい過去のため殺人に手を染めた元アスリートたちが、復讐に燃える『彼女』によって追い詰められていきます。サスペンスフルな展開で一気読み必至、東野圭吾さんの初期作です。
小説

「濱地健三郎の呪える事件簿」有栖川有栖 心霊探偵の世界もコロナ禍に見舞われるシリーズ3作目

有栖川有栖さんのミステリー小説「濱地健三郎の呪える事件簿」の感想です。『濱地健三郎』シリーズ3作目はコロナ禍の2020年が舞台。生活様式の変化により発生した新たな怪異との対峙が描かれます。連作短編6話が収録。
小説

「プラナリア」山本文緒 『働かない』ことと、どこか歪んだ恋愛模様を描く短編集 直木賞受賞作

山本文緒さんの小説「プラナリア」の感想です。何もかも、生きてることも面倒くさくて仕事を辞めた。表題作『プラナリア』のような<働かないこと>をテーマに、恋愛模様を交えて描かれた短編小説です。2000年、第124回直木賞受賞作でもあります。
スポンサーリンク